2022年09月21日

穏やかな空気感

こんにちは
業務部の水本です。


私は前期の全体会議で、1年間司会を務めさせていただきました。
全体会議とは、月に一度、社員全員が出席する会議の事です。

司会は、その会議をまとめ、議題を振っていく役割ですが、
社長に任命いただいた当初は、選んでいただいた事への感謝の気持ちの反面、
私に出来るのかという不安の気持ちの方がとても大きかったです。

そんな気持ちを抱きつつ、全体会議を迎えました。

最初は緊張で思うように声を張れず、
力を発揮することが出来ませんでした。

そんな中でも、わたしの小さい声にもみなさん笑顔で頷いてくれたり、
ツッコミのように言葉をかけてくれたり(笑)
その温かい空気感にどれだけ気持ちが和らいだか。

全体会議後も、社長と中川主任がフィードバックしてくださる時間があり、
今回の反省点や次回の目標を立てたりして、親身にお話ししてくださりました。

プラスのみなんさんは穏やかで優しい方ばかりです。

挑戦する前は、上手くいかないかもしれないと、
不安な事ばかり考えていましたが、
みなさんのおかげで、最後まで成し遂げることが出来ました。

みなさんがつくりだしてくれたその穏やかな空気感が、
わたしに自信をくれたと思います。

貴重な経験をさせていただきありがとうございました。

posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2022年09月07日

感謝を伝える会議

こんにちは、業務部の藤田です。

今回は、プラスで行われている会議の中でも
全員が出席する全体会議についてです。

今回の会議では、新しく入社してくれた
業務部の喜羽さんの紹介がありました。

新しく人が増えるのは嬉しいですね。
何より、みんなの雰囲気も少しソワソワしたり、
「初めまして、○○です」などという自己紹介が
社内で行われていて、いつもと違う空気が
事務所内に流れていたりします。

そんな喜羽さんへ、「入社ありがとう」と
社長からメッセージがありました。

数ある会社の中から、プラスを探してくれたこと
これから一緒にプラスを支えてくれること
プラスに新しい風を吹き込んでくれたこと

入社してからが喜羽さんは一番大変だと思います。
覚える事がたくさんあり、今までと生活スタイルが
変わったり。

仕事が上手にできる事も大切ですが、仕事の中に
楽しさや面白いと感じられる作業を見つけられれば
いいな、と思います。

ランナーズハイではないですが、事務職でも
ある作業に没頭して、とてつもない達成感を
味わえる瞬間があります。事務ーズハイ的な…
それを新しく入った喜羽さんが体感して、
「事務、面白い!」となる日が来るのが、
今の私の楽しみです。

↓↓この写真は、新しく喜羽さんが入るに当たって
社内を模様替えし、机や椅子を買い替えた時の作業風景です♪
IMG_3256.JPGIMG_3254.JPG


                          藤田

posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2022年08月17日

これって何だろう?そのC

こんにちは。
業務部の武田です。

お盆も過ぎ、少しずつ秋の気配が感じられるようになりました…と書きたいところですが、
立秋を過ぎたとは思えないほど、毎日残暑が厳しいですね。
今年は梅雨が極端に短かった分、夏が長く感じます。
まだまだ暑い日が続くと思いますが、熱中症にはお気をつけてお過ごしくださいね。


さて、前回に引き続き「これって何だろう?」シリーズ*
今回で3回目になります◎
今回ご紹介するのは、8月1日に弊社のインスタグラムに載せた動画
https://www.instagram.com/p/CgtIx0iD2LG/)に登場する「CVケーブル」について、
今井さんから色々と教えてもらいました!
今井さん、よろしくお願いします*

Q.「CVケーブル」は、主にどのような場面で使用するケーブルですか?
A.CVケーブルとは電線の種類で、耐候性に優れているため、
 屋外露出配線を行うことが可能です。
 蓄電池やパワコンの電源はこの配線がよく活躍します。
 (武田:蓄電池は屋外設置が多いので、耐候性に優れているのは有難いですね。)

Q.インスタグラムの動画では、被覆を剥いている動画を撮影されていましたが、
 どうして剥く必要があるのでしょうか?
A.機器に接続するための加工を施すため、接続部分を数センチ剥く必要があります。

Q.ケーブル内部の赤・白・黒色の線は、
 それぞれどのような役割を果たしていますか?
A.U相は赤、O相は白、W相は黒と、一般的に接続する箇所と色が決まっているため、
 誰が見てもわかりやすいように色分けされています。
 (武田:インスタグラムの動画では、ピンク・薄ピンク・黒色に見えますが、
     実際は赤・白・黒色に分けられているみたいです電球
     それぞれ接続する箇所に決まった色分けがされていると、
     作業する際分かりやすいですね。)

↓写真を見ると分かりやすいですね◎
IMG_1805.jpeg

Q.VVFストリッパーでケーブルの被覆を剥く時、
 力加減が難しそうに思うのですが実際コツがあったりしますか?
A.VVFストリッパーはその名の通りVVFケーブルの被覆を剥くためのものなので、
 動画の使用法は正しい方法ではありません。
 CVケーブルを剥く際に使用しない方がいいです。
 力加減を間違えると線を傷つけてしまう恐れがあります。
 (武田:そうだったのですね!初めて知りました。
     急遽ケーブルを剥く必要が出た際にVVFストリッパーしか手元にない時は、
     動画の使用方法でも応用が利くということですね!)
     

インスタグラムの動画を見て、
一本の電線の被覆を剥くと中に何本も線が入っていることにまず驚き、
今井さんのお話を聞いて、その線がそれぞれ役割を持っていることを知れて
たいへん勉強になりました。

今井さん、たくさん教えて下さりありがとうございました!
次回もどうぞお楽しみに*
posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2022年08月03日

これって何だろう?そのB

こんにちは。

最近猛暑続きで
少し夏バテ中の業務部の水本です。

さて、今回のブログ内容も
「これって何だろう?」シリーズになります◎

今回わたしが気になった、これって何だろう?は....

こちら↓

IMG_8262.jpeg

形は一緒ですが大きさが違いますね。
何に使うのでしょうか?

今回も質問に答えてくださったのは、
工事部の今井さん◎

---------------------------------------------------------------------------------

水:この部材の名前は何ですか?

:名前は「丸型端子」と言います。

水:どんな時に使用し、どんな役割を担うのでしょうか?

:電線を端子台やブレーカーに接続する時に使用します。

水:大きさの違いによって使い分けがあるのでしょうか?

:電線の太さや、端子台のネジの大きさによって丸型端子の大きさも変わります。

水:何かと組み合わせて使用するのでしょうか?

:スリーブの部分に電線を差し込んで圧着し、丸い部分はネジに噛ませます。
  簡単にネジから外れないように輪っかになっています。
  こんな感じですね◎(少し分かりづらいですが、青丸のねじがある部分です)
IMG_1140.JPG

水:工事の際はよく使用するんですか?

今:蓄電池や太陽光の工事には欠かせないもので、頻繁に使用します!
---------------------------------------------------------------------------------

小さな部材も必要不可欠。
このようにきちんと分けて保管されています。

IMG_8310.jpeg

綺麗に整頓されていると、
取り出すときにも間違いが起こらなかったり、
気持ちよく仕事を進められそうですね◎

次は何についてアップしようか思案中...。
では次回もお楽しみに〜

posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2022年07月06日

これって何だろう?そのA

こんにちは。
業務部の武田です。

梅雨の季節感を感じる間もなく、
真夏に突入してしまいましたね。
そうかと思えば大雨が続いたり…。
気候の変化が激しい時期なので、
体調を崩されないようお気をつけてお過ごしくださいね。


さて、前回の水本さんの記事に続き、
「これって何だろう?」シリーズ第2弾!

今回私が気になったものは…こちらです♭

IMG_20220630_155550.jpg

T字型の部材ですね…
何かと何かをつなぎ合わせるための部材かな〜?と予想しています。

今回は中川主任にお答えいただきました*
中川主任、よろしくお願いします!


Q.この部材の名称は何ですか?
A.『スリムダクト』と呼ばれる配管用ダクトの部材です。

Q.スリムダクトはいつ、何のために使用しますか?
A.通常はエアコンの配管の化粧カバーとして使用しますが、
 プラスでは太陽光・蓄電池の配線用にも使用しています。

Q.スリムダクトを使用することで何が出来るようになりますか?
A.家の天井裏や壁内での隠蔽配線が難しい場合、
 スリムダクトを使用することによって、見栄えよく施工出来ます。
 このT型の部材は3路に分かれていて、3方向への配線が可能になります。


スリムダクトの使用例は ↓

s__106848266.jpg

s__36102165.jpg


プルボックスと同様に、取り付ける配線によって色の違いがあるのですね。


スリムダクトは、このT字型のものや細長いタイプのものなど、
いろいろな種類があるそうです。
そしてこのT字型のものは、あまりホームセンターには置いていない
特別なスリムダクトだと中川主任に教えていただきました。


部材単体で見ると何に使うのか「?」状態になりますが、
使用例や役割を知ると、どの部材もなくてはならないものなのだなと
あらためて知識を深めることが出来ました◎

今回お答えくださった中川主任、
ありがとうございました。


次回もどんなものが紹介されるのかお楽しみに*

                               武田
posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2022年06月15日

これって何だろう?

こんにちは。
業務部の水本です。


倉庫内などで見る部材や道具、これはどのように使うのか?
何て言う名前なのか?分からない事が多々あります.....。

そこで!工事部の皆さんに質問して答えていただく、
「これって何だろう?」シリーズをブログで発信していきます!


さて早速ですがこちら↓

IMG_7941.jpeg

正方形の形をしていますね。
何に使うのでしょうか?

今回質問に答えてくださったのは、
工事部の今井さん◎

早速聞いていきましょう!

水:この部材の名前は何ですか?

今:名前は「プルボックス」です。

水:どんな時に使用し、どんな役割を担うんでしょうか?

今:主に、電線を電線を分岐させたり、
  電線の引入れを簡単に出来るようにするためのもので、
  屋内から屋外へ電線を持ってくる場面に使うことが多いですね。
  プラスの工事では床下配線の時に活躍します。
  あと、主に電線管と組み合わせて使う場面が多いです。

■ちなみにこんな風に使います■

水:カラーの違いは?

今:取り付ける壁の色に合わせてカラーを選びます。
  ちなみに写真のプルボックスは樹脂製で出来ているけど、
  ステンレスの物も存在するので、壁の素材によっても選ぶことが出来ます!
  
壁につけることでまた違った雰囲気になりますね。

他にも何か気になることがあれば言ってね。と優しい今井さん。
質問にお答いただきありがとうございました◎


次は何についてお話を聞こうか...
では次回もお楽しみに〜!

posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2022年05月18日

ことばの日

こんにちは。
業務部の武田です。

最近、雨の日が多くなってきましたね。
今年は梅雨入りも早いような気がします。


さて今回は、5月18日の今日は何の日?ということで
初めて知った記念日があったのでそちらをご紹介したいと思います。

5月18日は、語呂合わせで「こ(5)と(10)ば(8)」ということで
「ことばの日」なんだそうです。
ことばの日は、≪ことばを大切にする日≫ということで作られた日とのこと。

普段から心掛けたいことではありますが、今日は特に意識して
自分の発することばや相手から受け取ったことばを大切にしたいですね。


私は、「『ことば』って難しいなぁ」と常日頃から考えています。

自分の何気なく発したことばで、知らない間に
相手を深く傷つけてしまっていることもあると思います。

一度口から出たことばは決して元には戻せないので、
対面で話すときもメールや手紙を送るときも慎重になります。

ですが、ことばは鋭い凶器になる反面、
たった一言でもそのことばに救われることもたくさんありますね。

だからこそ、ことばは扱いが難しいものではあるけれど、
それでも相手に安心感や喜びを感じてもらえるような
ことばを選んで使っていきたいなと思います。


先週より、工事部の求人募集を行っております。
今回も、ハローライフさんにはあたたかみの感じられることばで
弊社の雰囲気が伝わる素敵な記事を書いていただきました。
少しでも興味を持ってくださった方はぜひ募集記事も読んでみてくださいね。




                         武田


posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2022年04月20日

ビブリオバトルグランプリ開催

こんにちは。
業務部の水本です。

春がやってきましたね。
最近お出かけする時、一駅先まで歩いてみたり、
歩いたことで行ってみたかったお店に出会えたりと、
何気ない気づきがあります。

先日も友人と会う機会があり、
電車を使わず歩きながらお店を転々としていると、
半日で2万歩、歩いていました。笑
歳を重ねるたびに、春の楽しみ方が増えていくので良いですね。

さて話題は変わり、
社内行事の【ビブリオバトル】について少しお話をしたいと思います。
今期に入り、ビブリオバトルを始めて、来月で10回目となります。

そこで記念すべき10回目より、【ビブリオバトルグランプリ】を開催します。
下記トーナメント戦となり、敗者復活戦も取り入れました。

B1グランプリ.png

月ごとに1回戦・2回戦・敗者復活戦を行い、
その中から選ばれた3名より、優勝者を決定します。

なんとなく大会みたいで緊張しますね。

ビブリオバトルについては、
以前社長が説明している記事があるのでぜひご覧ください。

ビブリオバトルグランプリですが、
ルールは今までと変わりはありません。

各、選ばれたチャンプ本はHPの「お知らせ情報」に毎月更新しておりますので、
気になった方はぜひチェックしてみてください。

では、第1回戦(5/6開催)の結果をお楽しみに◎
posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2022年03月23日

ふるさとA

こんにちは。
業務部の武田です。

3月ももう後半。
少しずつ暖かくなり、日中は暑いと感じる日も出てくるようになりましたね花見(さくら)
桜もそろそろ咲き始めるのではないでしょうか。
コロナ禍で桜の季節を迎えるのは3回目となり、
今年も落ち着いてお花見が出来ないのは残念ですが、
通りすがりに満開の桜を眺めるだけでも風情を感じられますね。

さて、前回のブログでは、和歌山県田辺市の偉人の一人である
「武蔵坊弁慶」をご紹介させていただきました。
今回は、3人のうち残りの2人をご紹介したいと思います。

まずは、南方熊楠さんです。
熊楠さんは、明治〜昭和時代にかけて活躍された世界的な研究者です。
博物学者、民俗学者、さらには植物学者でもある熊楠さんは、
「粘菌」と呼ばれるアメーバのような生き物の研究に力を注いでいました。
現在は「変形菌」と呼ばれているそうです。

写真で粘菌を初めて見た時、
こんな生き物が存在するのかと驚いた記憶があります。
名前に「菌」とつきますが、細菌類でも菌類でもない、
ふしぎな生き物です。

もう一人は、合気道の創始者として知られる植芝盛平さんです。
幼少期から武道を極め独自の武術を習得し、
昭和17年に「合気道」と名付け世界中に広めたそうです。

合気道という武道は昔から存在するものだと思っていましたが、
そうではなく、昭和初期に生まれた武道であることを知ったときは衝撃でした。
そして合気道は、敵と戦うための武術ではなく、
人と比べず己の心身を鍛えるための武術とのこと。
今回合気道のことを調べ、「戦い」というものは
誰かと争ったり相手を傷つけたりするものではなく、
自分の弱さと戦い、己を強くするためだけのものであってほしいと
改めて強く想いました。

自分の出身地について、大人になってから調べてみると
色々な発見があり面白いです。
皆さんも機会があれば、ぜひ調べてみてください^^


                          武田 

posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2022年03月09日

元気の源

こんにちは
業務部の水本です。

暖かくなったと思えば、寒の戻りを知らせる朝のニュース。
洋服選びに苦戦している今日この頃です。
春が待ち遠しい、、。


さて、今年の冬と言えば北京オリンピックがありましたね。
現在は北京パラリンピックも行われていますね。

今まで意識してオリンピック・パラリンピックを見たことがありませんでしたが、
こんなにも胸が熱くなるなんて、、、本当にスポーツは偉大です。

北京オリンピックでは、欠かさず見ていた競技がありました。
それは銀メダルを獲得された、カーリング「ロコ・ソラーレ」の試合です。

夢中でカーリングを楽しむ姿、上手くいかなかった時もポジティブな声掛けをし合ったり、
前向きな姿勢、何よりロコ・ソラーレの選手が大好きです。
毎試合、見ているわたしが元気をもらっていました。

きっと観戦していた沢山の人が勇気や元気をもらったと思います。

「運命を変えよう」これは吉田智那美選手が、北京オリンピック出場を決める試合で口にした言葉です。
その言葉を口にした状況は、絶体絶命の状況だったそうです。
運が味方してくれなくても、自分たちで運命を変えよう。

この言葉の後、ロコ・ソラーレは北京オリンピックの出場を決めました。

YouTubeなどでも代表決定のインタビューもあるのでぜひ見てみてください。
その言葉がとても刺さりました。

やはり、わたしの元気の源の一つは、紛れもなく「スポーツの力」のおかげです。

2024年のパリオリンピック、2026年のミラノ・コルティナダンペッツォオリンピック
また新たな歴史が生まれると思うと、今から楽しみですね目


posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2022年02月09日

ふるさと

こんにちは。
業務部の武田です。

2月4日に立春を迎え、暦の上では春になりましたね花見(さくら)
とは言え、2月は冬の中で一番寒いイメージが強く、
実際の春を体感できるのはまだまだ先のような気がします雪
暖かくなるのが待ち遠しいですね。


さて、今回は私の出身地を少しご紹介したいと思います。
私は小学校6年生まで、和歌山県田辺市に住んでいました。
和歌山県と聞くと、何が思い浮かぶでしょうか?
梅干しやみかん、白浜のパンダ等々…様々なものがあると思いますみかん
田辺市だけでも紹介したいものや場所はたくさんあるのですが、
今回私は、田辺市の3人の偉人をご紹介させていただきたいと思います。

まずは、武蔵坊弁慶。
弁慶は源義経に忠実に仕えた家来とされる人物で、
歴史の授業で習った方も多いのではないでしょうか。
しかし、実際のところ本当に実在していた人物かどうか真実は分からず、
しかも「生誕の地」とされる場所も全国各地にあるようなのですが…。
実は、弁慶の幼少期にまつわる史跡が田辺市には数多く残されており、
弁慶生誕の地として田辺市が有力視されています。

弁慶の産湯の水を汲んだと伝えられている「弁慶産湯の井戸」があったり、
子供時代の弁慶が座っただけで出来たと言われる、大きなくぼみのある
「弁慶の腰掛石」が残されていたりと、今でも実際に目にすることが出来ます。

その中でも、「弁慶の腰掛石」は神社の境内にあります。
当時私はその神社の近くに住んでいて、存在は知っていたのですが、
子供だったこともあり特に深く考えることはなく…。
しかし今になって思うのは、もし本当に子ども時代の弁慶がその石に座って
くぼみが出来て、その石が現代まで残っているのだとすると…
とってもロマンを感じる話ですよね*
弁慶の、子供の身体なのに座るだけで石にくぼみが出来てしまうほどの
体格というものは、想像を絶するものがあります。

田辺市では弁慶にまつわるイベントが行われていたり、
弁慶をモチーフにしたご当地キャラも存在します電球
秋に行われている「弁慶まつり」と呼ばれる大きなお祭りは、
弁慶の伝説が演劇で再現されていたり、
「弁慶ゲタ踊り」と呼ばれる踊りを
大勢の踊り子さんたちで街の大通りを練り歩きます。
また、ご当地キャラは「たなべぇ」という名前のキャラクターで、
凛々しい表情でありながら可愛さも感じられます^^

今はコロナで弁慶まつりも中止を余儀なくされているようですが、
コロナが終息し弁慶まつりが開催されるときには
久しぶりに行ってみたいなぁと思います。


冒頭で「3人の偉人を紹介します」…と書かせていただきましたが、
弁慶のお話だけでかなり長くなってしまいました。。あせあせ(飛び散る汗)
残りのお2人については、またの機会に書きたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。


                               武田
posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2022年01月05日

″夢中になって楽しむ″

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

2022年はどんな年になるのか。

個人的に決めていたことがあり、
新しいことに挑戦する年になので、
少しわくわくしています。

″夢中になって楽しむ″

日々の時間の流れに慣れてしまい、
新鮮さがなくなくなってしまう。
これは年々感じていたことです。
新しいことを経験することは、
何歳になっても新鮮。

始めるには遅かったかな?と思う事もありますが、
その時々のタイミングによって楽しみ方が変わると思います。

なので、自身の直感を信じて行動し、きちんと選択できる1年にしたいと思います。


                                                                                       業務部 水本

posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2021年11月17日

ひとつひとつの選択

こんにちは。
業務部の武田です。

11月も中旬になりました。
そろそろ今年の振り返りをしたくなる時期でもありますね。
以前今井さんのブログでも書かれていたように、
私も歳を重ねるごとに1年があっという間に感じるようになりました。
同時に、どれだけ技術が発展しても決して過去に戻ることは出来ないからこそ、
今この一瞬一瞬を大切にしなければとも思うようになりました。


現在弊社では高校求人を行っており、
高校時代の自分自身のことを振り返る機会が増えました。

私事で恐縮ですが、当時の私にはやってみたい分野があり、
その道に進んだ自分を想像するだけで
本当に心からワクワクするような気持ちになっていました。

しかし、周りから「大人になってもできるから」と反対され、
意志の弱かった私は結局自分のやりたいことを諦め、皆と同じ道に進みました。

それでもやっぱり諦めきれず、
大人になってその道に進む方法を考えたりしましたが、
うまく叶えることは出来ませんでした。
そして皆と同じように進んだはずの道で挫折をし、
自分の進む道が分からなくなりました。


今になって思うことは、
高校生のあの時、もしも自分のやりたいことを貫いていたら
どんな人生になっていたのだろうか、ということです。
当時の自分は恐らく、私自身の意志の弱さに加えて、
失敗した時に周りから「だから言ったのに」と言われることが怖かったんだと思います。
失敗したら取り返しがつかないんじゃないか、という恐怖もあったと思います。

しかし、今の私が過去の私に言葉をかけられるとしたら、
「失敗しても良いから、今しかできないことを
後悔のないようにやってみた方が良いよ」と伝えてあげたいです。


もちろん、物事を始めるのに年齢は関係ないですし、
やる気さえあればいつからでも再スタートは切れると思います。
だけど、「今」この瞬間に一歩を踏み出し進んでいく道は、
たくさんの選択肢の中から一つを選んで進まなければならない。
レストランでメニュー表を見て何を注文するか、というのも
小さいことではありますが多くの選択肢の中から選ぶことになります。
大小関係なく、その選択は周りの意見や世間体ではなくて、
自分の本当の気持ちを大切にして選んでいってほしいなと思います。

大人になった今の自分だからこそ、
この思いはより一層強くなった気がします。
これからも自分で選択しなければならない場面がたくさんあると思いますが、
きちんと自分で選択し、その責任を持つ力を身につけ続けなければいけないですね。


長くなってしまいましたが、
お読みいただきありがとうございました。



                                 武田

posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2021年11月10日

マンダラチャート

こんにちは。
業務部の水本です。

気が付いたらもう11月。

「今年はこれをしてみよう」「今年こそここへ行ってみよう」
「あれに挑戦してみよう」「あの勉強を頑張ってみようか」など、
何か目標を立ててもどこかで怠けてしまう自分がいます。

急ですが、マンダラチャートって知っていますか?
メジャーリーグで大活躍されている大谷選手をきっかけに知ったのですが、
3×3の9マスを準備し、その中央に自分の目標や夢、
成し遂げたいことなどを「ひとつ」だけ書き込みます。
そして周囲の8つのマスに目標を達成するために必要な要素を記入するんです。

また、ここから8つの要素を得るために必要な行動目標を
それぞれ8つずつ記入すると完成。81の目標を達成していくと
中央の目標に自然と近づき達成できるというものです。

ひとつの大きな目標・夢を叶えるためには、
明確な土台作り、そして必ず行動に移すことが大切になってきます。

大谷選手のマンダラチャートを拝見しましたが、
「ドラ1・8球団」という目標の裏には、
並々ならぬ努力、強い意志が感じられました。
球場に落ちているごみをそっと拾う大谷選手を何度か見たことがあります。
これはマンダラチャートにも書かれている1コマです。
高校時代の監督から、
「ゴミは人が落とした運。ゴミを拾うことで運を拾うんだ。
そして自分自身にツキを呼ぶ。そういう発想をしなさい」という教えから、
プロになった今でも実践されているそうです。素敵ですよね。

やりきることは本当に難しいと思います。
順調に進んでいても、途中で立ち止まることがあるかもしれません。
それでも必ずやり遂げることにも意味があると思いました。

私自身、夢を途中で諦めてしまったことがあります。
やっぱりその時の後悔は忘れることが出来ません。
やりたいこと、夢が見つかったらその選択を信じて突き進んでみる。
きっと自分が大きく変われるきっかけになるかもしれません。
自分も来年に向けて下準備をしていきます。

マンダラチャート、気になった方はぜひチェックしてみてください。

◎サイトに掲載されている大谷選手のマンダラチャートを参考に書き直してみました。

無題.png



posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2021年10月13日

スポーツの秋

こんにちは。
業務部の水本です。

最近、秋だなと感じた瞬間は日の入りが早くなったこと。
夜になると風も心地良いですね〜。

話題は「○○の秋」
社長は「読書の秋」、武田さんは「食欲の秋」
私は「スポーツの秋」が思い浮かびます。

中学時代は3年間バレーボールに打ち込んでいました。
未経験からのスタートで初めは思うように腕にボールが当たらなかったり、
ブロックするにも跳躍力が無くネットから手が出なかったりと最初はなかなか難しかったです。

それでも毎日の練習の積み重ね、顧問の先生や先輩方のご指導のおかげで、
レギュラーに選ばれるまで成長することが出来たと今でも思います。

自分の為に頑張ることも大切ですが、
誰かの喜ぶ姿を想像してみるとまた違った頑張りを発揮できると思います。

誰かが喜んでいる姿が、また自分の喜びへと感じれる。
この思いは仕事をする上でも大切にしたいことです。

ふと学生時代の事を思い出すと、とても懐かしい気持ちになりました。

--------------------------------------------------------------------------------

さて、弊社では高卒採用(指定校推薦)での採用活動を行っております。
進路や、就職活動で悩まれている生徒のみなさん。
初めての就職活動で、戸惑いや、不安でいっぱいだと思います。
まずは学校の先生方や、保護者の皆さんに相談して自分の思いを話してみてください。
きっと自分が進みたい道が見えてくると思います。

素敵なご縁があることを、弊社一同楽しみにしております。
ぜひ、ご応募お待ちしております。
                              水本





タグ:高卒求人
posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2021年09月15日

食欲の秋♪

こんにちは。
業務部の武田です。
台風の影響もあり、今週は雨続きの一週間ですが、
9月も半ばに入り、少しずつ秋の雰囲気も感じられるようになりましたね。


秋と言えば…皆さんは何を連想しますか??
私は「食欲の秋」を思い浮かべます^^♪
魚介類では秋刀魚や秋鮭、果実類では梨や柿などなど…きらきら
想像するだけで幸せになるような、美味しい食べ物が秋にはたくさんありますね。
そしてこれから店頭に並べられるであろう、
お芋や栗を使用したスイーツには目がありません目黒ハート

そんなことを考える中で、
なぜ「食欲の秋」と言われるようになったんだろう、とふと思い調べてみました。

秋は多くの農作物が暑い夏を乗り越え実りを迎える季節であるということが
「食欲の秋」と言われるようになった一番の由来ではありそうですが、
他にも色々な由来があるようです。

その中でも特に、なるほどなぁ、と思ったものがあるのですが、
秋になると日が沈むのが早くなり、日光に当たる時間が夏に比べて極端に減りますよね。
その時間が減ると、幸せホルモンと言われる
「セロトニン」の分泌量も減ってしまうようなのですがく〜(落胆した顔)

その分を補うために、美味しいものを食べて幸せな気持ちになり、
精神的な均衡を保とうとしている…ということを知って、
「食欲の秋」と言われるのも理にかなっているのだなぁと納得しました。
また、セロトニンは食欲を抑える効果もあるので、
それが少なくなるということは、秋から冬にかけて
食欲が増えてしまうのも仕方がないことなんだと
自分に都合良く解釈してしまっています(笑)


冬に近づくにつれ物悲しく感じることも多くなりますが、
「食欲の秋」だけではなく、「読書の秋」や「スポーツの秋」など、
色んな秋を楽しみながら季節の移り変わりを感じて過ごしていきたいですね。

posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2021年09月01日

新しいこと始めました

こんにちは。
業務部の水本です。

さて、暑〜い夏がまた戻ってきましたね。
通勤の際、電車の乗り換えで外を歩くのですが、
ものすごく蒸し暑くて、ハンディファンを手放せません。

信号待ちはもう汗が止まりませんし、
忘れたときはもう絶望的ですね。。笑

そこで夏の暑さに負けない為にも、健康の為にも、
最近あるモーニングルーティーンを始めてみました。

それは、30分間の朝散歩です。

私は三日坊主なところがあるので、
毎日続けれるか心配と、家族からも言われていますが、
今回は真面目に取り組んでいます。

まだ初めたばかりですが、良い気づきがありました。
朝歩くことで、脳が活性化され、頭と体がシャキッとなります!

習慣になってくると、また違った魅力が発見できそうです◎

何か新しいことを始める時ってなぜが少しだけ緊張しますよね。
その緊張は一歩踏み出すことで、案外うまくいくかもしれません。

まずは1週間、そして1ヵ月後どんな変化が起きているか、
少し楽しみにしながら頑張っていきたいと思います。

今日から9月。
外の風が少し変わったような気がします。
気温の変化で体調を崩さないよう気を付けていきましょう!


水本
続きを読む
posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2021年08月04日

熱中症対策

こんにちは。
業務部の武田です。

8月に入りましたね。
早いもので、2021年もなんと残り4か月ですΣ目
今年はコロナも落ち着き、
コロナ前の日常が少しずつ戻れば良いなと思っていましたが、
依然として終息の兆しは見えないですね。。
今は自分の出来る対策をしっかり行い、
これ以上感染が拡大しないように努めたいと思います。


さて、毎日のように猛暑日が続いています晴れ
この時期は熱中症対策が何より大切になってきますね。
熱中症対策として、こまめな水分補給や休息はもちろん大切ですが、
水分補給も「喉が渇いてから」飲むのではなく、
喉が渇いていなくても1時間ごとを目安に
コップ一杯の水分を摂ることが重要なようです。
汗をかいていなくても、無意識に脱水症状になっていることもあるのですねあせあせ(飛び散る汗)

また、水分補給にスポーツドリンクを飲む場面も多々ありますが、
種類によっては糖分が高いものもあるので、
飲みすぎると血液中の糖が増えてしまい、それを薄めるために更に喉が渇く…
という悪循環に陥ってしまう可能性もあるのだとかがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)
せっかく水分を補給しているのに、逆に喉が渇いてしまうのは避けたいですよね。
スポーツドリンクは美味しくて飲みやすいので、
ついついたくさん飲んでしまいがちですが…
飲みすぎには注意しないといけないですね^^;

そして、大量に汗をかいたときは
水分補給だけでなく、塩分補給も大切です電球
汗で失われた塩分を素早く補給するには「経口補水液」が適しているとのこと。
最近CMやドラッグストアで見かけることも増えましたよね。
屋外での長時間の作業時など、熱中症になりやすい場面では、
予め用意しておくのも良いかもしれませんね。
drink_suibun_hokyuu_sagyouin_man.png


今年の立秋は8月7日。
暦の上ではもう秋です。
ですが実際は9月下旬頃まで厳しい暑さが続くと思いますので、
皆さんも引き続き熱中症などにはお気をつけてお過ごしくださいねわーい(嬉しい顔)
posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2021年07月21日

スポーツの力

こんにちは、業務部の水本です。

さて、先日17日に梅雨明けが発表されました。
昨年に比べ15日も早いそうです。

梅雨が明けると一気に真夏日で、
熱中症にも気をつけないといけませんね。

そして、あと2日で東京オリンピックが開幕しますね。
コロナ禍で安心できない状況が続き、開催が心配されています。
会場は無観客と少し寂しい気持ちですが、
スポーツ観戦が大好きな私にとって、
テレビ越しですが、応援ができることはとても楽しみです。
最近では応援している野球チームの試合があれば、欠かさずテレビ観戦しています!

野球といえば、メジャーリーグで大活躍の「オオタニサン」こと大谷翔平選手。
ニュースで見ない日は無いくらい、本当にご活躍されていますね。
時々テレビ観戦することがあるのですが、健闘ぶりにいつも心を打たれています。

先日行われたホームランダービーでは日本人の出場は大谷選手が初なんだとか!
また、先日開催されたオールスターゲームでは、史上初の投打の二刀流で出場し、
これは大谷選手だけ認められた特別ルールだったそうです。
日本人選手が海外でご活躍される姿はとても刺激になります。

また、昨年コロナの影響で夏の高校野球が中止となりましたが、今年再び始まります。
高校球児にとって、「最後の夏」、私もしっかり応援したいと思います!!

soccer_supporter_woman.pngsoccer_supporter_man.png

そしてスポーツの力で、世界中が少しでも明るくなると良いなと願っています。


posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2021年06月16日

リンゴといちじくの苗育ててます

こんにちは、プラスの藤田です。

以前、工事部の今井君がお客様先で
リンゴといちじくの苗をいただきました。

IMG_0009.JPG


IMG_0008.JPG

毎朝、植木鉢を少し持ち上げて、
水やりするかどうか、考えるのが
日課になっています。

お客様が挿し木から増やされたそうです。
今は新芽も出てきて、スクスク育っています!

植木鉢で育てているので、もし実ができれば
小さいリンゴといちじくができるのか??
と今からワクワクです♪

IMG_0001.JPG

リンゴの苗は2ついただいたので、2鉢あります♪
みんな頑張って育ちますよーに。


藤田
posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部