2021年01月23日

太陽光発電B【完了】

プラスに入社したのは今からちょうど10年前。。。
自動車の営業職から転職した私は、電気工事に関しては全くの未経験でしたたらーっ(汗)
初めてお客様の屋根に上がった時は、生まれたての小鹿のように足ががくがく震え、恐怖で動けなくなったことを今でも忘れません。。。工事部の中尾ですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

今回の淡路島の現場は、屋上に機器を取り付けるため、1Fにある分電盤から電源を取る必要があり、屋上から1Fまで配線を通さなければなりませんでした手(グー)
一般的な2,3Fの住宅であれば長い梯子を壁にかけて配線作業をすることができますが、この高さになるとそうはいきません遊園地
そこで今回は屋上から1Fまで通じる【パイプスペース】を利用して配線を通しました目
S__93863938.jpg
【パイプスペース】とは名前の通り【配管】(パイプ)を通すスペースを意味しますひらめき

今回、3F部分が解体され、ガラリと空いていたので、このようにパイプスペースが剥き出しになっていますが、通常は内装で隠れているため目にすることはありませんモバQ
S__93863940.jpg
この穴は1Fまでずっと続いているので、ここに配線を落とし込み1Fの分電盤にあるブレーカーへ接続します右斜め上
足を踏み外すと真っ逆さまですふらふら室内への配線が完了したら次は屋上へビル

現在、ソーラーパネルを設置するための架台にはたくさんの種類があり、陸屋根の場合、打ち込んだアンカーに固定する架台が多いですが、今回採用された架台は屋根に一切穴を開けない、、、【ただ置くだけ】でしたドコモポイント
S__93863941.jpg
工事当日は、今季最大の冬将軍が到来しており、朝からかなりの強風が吹き荒れていました台風
最大瞬間風速は17mだったそうですバッド(下向き矢印)風速が1m増すと体感温度が1℃下がるそうなので、相当な寒さでした雪
S__93863942.jpg
本当に【ただ置くだけ】でしたが安心してくださいexclamation×2強風にもしっかり対応できるよう設計されていますペン
S__93863943.jpg
午前中は寒さと強風の為、順調にはいきませんでしたが、午後には少し風も収まり、協力業者様のお力もお借りし、無事予定通り1日で工事完了し、お客様に収めることが出来ましたわーい(嬉しい顔)

再び発令された緊急事態宣言の中、我々の仕事はリモートワークが出来ず、直接お客様宅に伺うことが多い為、日々の体調管理が非常に大切になります。休業要請が出る中、日々現場に向かえることに感謝し、日々の体温測定、消毒を徹底し、引き続き業務に取り組んでいきたいと思います。










posted by 株式会社プラス at 00:00| 太陽光発電

2021年01月20日

太陽光発電工事A 準備の様子

今年の「大寒」は1月20日から。つまり今日からです。

「大寒」を過ぎると「立春」がやってきます。
「大寒」から「立春」という季節の流れってよくできているな。と思いました。

昔の人は今よりもずっと実感を持って四季に触れていたのだから、「自然とともに在る。という感覚を誰もが持ち合わせていたんだろうな。」と、とりとめもなく想像していました。

プラスも自然のエネルギーを扱うという面においては、「自然とともに在る会社」と言えますね。

前回のブログに
「太陽光発電が盛んだった時期に比べ、今は工事の件数が減っているので、もしかしたら更に減っていくかもしれない。」
とありましたが、

事実、工事件数が減るにつれ工事業者も減っている傾向にあるようで,
「設置した業者はもう無くなってんねん。」
と太陽光機器の点検に伺ったお客様から知らされることはよくあります。

僕は太陽光工事が減少傾向にあるという事実を入社前の面接でさらりと告げられました。

この業界について少し調べて覚悟はしていましたが、太陽光発電工事の会社というイメージとあわせて、その事実を当事者から知らされることで、ドキリとした記憶があります。

ただ、「今でも太陽光工事業者として選んで貰えることは作業員の技術の高さや信頼に足る行いを積み重ねてきたからやで。」と社長から伺った時、不安は解消されていました。

それに今は蓄電池や、、最近ではV2Hなど、時代に合わせてできることもどんどん増えています。
会社としても個人としても去年よりもできることが増えていく感覚があります。

さて、今回は工事準備の様子を少し紹介します。

フォークリフトで工事で使う部材をトラックへ積み込みます。
運んでいるのは太陽光パネルです。
IMG_6718.JPG

操作は自動車と似ていますが、最初は「倒れないかな。。」と恐る恐る操作していました。


屋根上での作業があるため、
梯子も積み込みます。
この梯子はとても重く、バランスよく持たないと倒れてしまいます。
最初は恐れるどころか歯が立ちませんでした。

10437.jpg

ざっくりした紹介ですが、こんな感じで準備をして明日の工事に備えます。
太陽光工事に伺う前日は、当日雨が降らないか心配になります。
雨が降ると屋根上の作業が危険なため、中止にせざるを得ません。
自然には抗えませんね。雨

太陽光発電が派生してどんどん新たな技術が表れていくのは楽しみです。
そして、まだまだできることが増えていくこと、その環境があることに感謝です。

これから寒くなりますが、必ず暖かくなります。それが四季です。
春が待ち遠しいです!


今井










posted by 株式会社プラス at 22:00| 太陽光発電

2021年01月16日

太陽光発電工事風景@

こんにちは!
工事部の中川です。

2021年が始まって、あっという間に時間が過ぎて行ってます。
時間は有限なので、いつも意識して大切にしないといつの間にか歳をとってしまいますね…!

先日読んだ本の中に書き留めておきたい言葉がありました。

「現状を常に未完成だと思い、改善し続けることがプロ意識」

現状に満足することなく、いつまでもこの意識をもっていれば
何歳になっても成長することができる!
そんな風に思わせてくれました。




前回はV2Hの工事についてご紹介しました。
(見てない方はぜひ見てみてください!こちらです。)

この記事からは太陽光発電システムの工事についてご紹介していきます!


再生可能エネルギーといえば、多くの人が思い浮かべるのが太陽光発電ではないでしょうか?
現在ではかなり普及しているので、知り合いが設置されている方もいらっしゃるかもしれませんね。

太陽光発電のメリットとして挙げられるのは
★環境にやさしい電力を生み出すことができる
★昼間の電気を太陽光発電でまかない、電気代の削減ができる
★余っている発電電力を電力会社に売り、売電収入が見込める
★非常時に太陽光発電で電源をとれる

こんな感じでしょうか。

ただ、太陽光全盛の頃(2009年頃)に比べると工事件数はかなり減っているのが現状です。

最近では、産業案件として会社や事務所の屋根に乗せて、仕事中の電気代削減をウリにされている販売店もあります。

先日もある会社の屋根に太陽光を設置しました!

9588.jpg

写真はプラスから屋根工事を依頼している協力会社の方たちが作業されている様子です。
「ギャラ高いでー」と言いつつも、快く撮らせてくれました(笑)

この現場では屋根にパネルなどの荷物をレッカーにて荷揚げしました。

9584.jpg

なかなか見れない作業なので、下から見てて、ひえー…ってなってました。

専門の作業員さんにはいろいろな場面で依頼していますが、
やはりさすがだな、すごいなと思います!

僕も自分の専門ではそう思ってもらえるように頑張らなくては…!


タグ:工事 太陽光
posted by 株式会社プラス at 00:00| 太陽光発電

2017年07月24日

設備認定 みなし認定手続き締切

7月もそろそろ月末に近付いてきました。

設備認定手続きのひとつ、みなし認定の締切が
9/30なので、締め切りまであと2カ月ほどと
なりました。

設置当時の情報が不明な場合、問合せなどに
時間がかかるので、早めに着手されることを
お奨めしております。

新たに申請した設備認定IDもちらほら発行されてきました。
発電・売電もやっとスタートできますね。

設備認定IDを関西電力へ提出後、メーター取替
に訪問してもらうまでの期間は短く、1週間ほど
になっているようです。
※込み具合により、異なりますが…

--------------------------------
株式会社プラス
http://www.plus-corp.net/
大阪府松原市天美西4-180-7
TEL 072-337-0510
FAX 072-337-7553
-------------------------------
posted by 株式会社プラス at 17:24| 太陽光発電

2017年03月01日

資源エネルギー庁からのハガキ

今日から3月です。
日中も暖かくなってきました。

太陽光発電を既に設置されている方で、2月末にかけて
資源エネルギー庁からハガキが届いている方が居るかと
思います。

既に発電開始している方も、なにやら手続きが1つ必要
になるようなことが書いてあります。

資源エネルギー庁のホームページにも、よくある問い合わせ
の項目が設けられていました。

 資源エネルギー庁『新制度の内容をお知らせするハガキ・メールに関するよくあるお問合せ』

現在の売電契約が失効することはないようですが、期日までに
手続きが必要と記載されています。

が、具体的な内容はまだ発表されていないようですね。

9月までの手続きなので、日数にも余裕がありますが、
忘れないように早めに手続きされることをお奨めします。

--------------------------------
株式会社プラス
大阪府松原市天美西4-180-7
TEL 072-337-0510
FAX 072-337-7553
-------------------------------
posted by 株式会社プラス at 17:43| 太陽光発電

2017年02月17日

締切日

2月も後半になり、設備認定の新しい制度が
少しずつですが分かってきましたね。

4月からの新しい年度のことも気になりますが、
2月も補助金や電力会社の締切があるので、
注意が必要です。

まず、関西電力の締め切り目安は2/28と
なっています。
毎年少しずつ日が早くなっているような…

そして「締切目安」という不思議な言葉…
2/28までに申請していても、処理しきれない
可能性もあります!という感じのようです。

なので、早めに早めに!!と取引先の方には
最近こればかり言っています。
弊社でも申請手続きを承っております。

そして次に補助金です。
今も補助金が出ている自治体もあるようです。
「〇〇日までに連系することが条件」などと
記載されている所もあるかと思います。

関西電力の場合、書類や申請内容に不備が無ければ
最短7営業日目以降にメーター取替に行ってもらえます。

どんなに急いでいるからと言って、7営業日以内には
行ってもらえる可能性は少ないということです。

補助金に記載の条件は、注意深く確認してくださいね。

そして、早め早めの書類取得や申請手続きをオススメします!

--------------------------------
株式会社プラス
大阪府松原市天美西4-180-7
TEL 072-337-0510
FAX 072-337-7553
-------------------------------

posted by 株式会社プラス at 17:47| 太陽光発電

2017年02月03日

パネル洗浄

今日はパネル洗浄を行った際の、Before/After写真を
載せてみようと思います。

今回のお家は、屋根上にテレビアンテナが無かったので
トリの糞などはなく、比較的きれいな状態でした。

大きな汚れが無ければ、洗浄では何をするのか・・・

パネルの端に、下の写真のような土埃の溝ができて
いました。

洗浄前

これがお家の中の汚れだと、時間を忘れてブラシなどで
ゴシゴシしたくなるやつです!!

高圧洗浄でパネル面ももちろん洗浄しますが、端まで
きれいにすると、次の写真のようになります。

洗浄後

全体的にもワントーン明るくなり、端の汚れもスッキリしました。


戸建て住宅であれば、1.5時間ほどで完了します。

パネルの洗浄、気になる方はお気軽にお問合せ下さい。

--------------------------------
株式会社プラス
大阪府松原市天美西4-180-7
TEL 072-337-0510
FAX 072-337-7553
-------------------------------
posted by 株式会社プラス at 11:47| 太陽光発電

2016年12月06日

メガソーラー探し

12月もまだ6日ですが、年末の雰囲気が
濃くなってきましたね。

弊社の施工日もほぼ埋まってきました。

話は変わりますが、私はグーグルマップで海外の
メガソーラーを発見したりすることにハマっています。

カリフォルニア州のラスベガス市は言わずと知れた、
砂漠地帯なので、遮るものが無い為、数か所にメガソーラーを
見つけることができます。

モハーベ砂漠

航空写真から、メガソーラーっぽいものを見つけて、
ズームアップした時に、湖だったりすることもありますが・・・

このモザイクのように見える3つのエリア。
ズームアップしていくと、ものすごい枚数の太陽光パネルが
あるんです。

ラスベガス市近くのモハーベ砂漠にあるので、気分転換に
探し出してみてくださいね。

この写真の近くには他にもいくつか、メガソーラーが
設置されているようです。

ラスベガス市は100%再生可能エネルギーからの電気供給を
目指しているようです。
カジノなどで消費電力が、とても多そうです。

今後のラスベガス市、気になりますね。

--------------------------------
株式会社プラス
大阪府松原市天美西4-180-7
TEL 072-337-0510
FAX 072-337-7553
-------------------------------

posted by 株式会社プラス at 13:56| 太陽光発電