2016年09月30日

蓄電池の土台・基礎 パナソニック

今日は、蓄電池を置く時の工事のお話を。

京セラ、パナソニック、シャープ等といろんなメーカーから
蓄電池が出ています。

何がどう違うのか??

という所で、一番最初に疑問を持たれる方が多い
のではないでしょうか。

何がどう違うのか、機器を設置する場所に注目して
比べてみます。


まずは、パナソニックから。

機器設置【屋内】:バッテリーを屋内に設置(次回のブログに書く予定です)

機器設置【屋外】:パワーステーションという、少し高さのある機器を設置

グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)屋外に機器を設置する時は、地面より一段高くするためのコンクリート基礎が
必要です。

弊社では、工事をする時はこんな感じです。

蓄電池の基礎

工事でお伺いした日に、この写真の基礎を作り、乾燥を待ちながら
支障のない部分の工事を進めます。

この基礎の上に、パワーステーションを設置します。

基礎中央部分のコンクリが乾いていなくても、上に置く機器は
その部分は空洞なので、大丈夫です。
こんな感じにバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

蓄電池の基礎2

ボルトで基礎の固定をするので、ガッチリ&しっかり 固定されています。

この置き基礎があれば、太陽光パネルの設置&屋内機器配線&屋外蓄電池
&コンクリート基礎が1日で完了します。

工事完了後から1~2日程で、固まります。

あとは、蓄電池で充電を開始させて、完成です。

次回は、パナソニックの屋内に置く機器の工事をご紹介します。


----------------------------
株式会社プラス 
大阪府松原市天美西4-180-7
TEL 072-337-0510
FAX 072-337-7553
----------------------------

posted by 株式会社プラス at 14:53| 蓄電池