2020年02月20日

太陽光発電と動物被害


急に寒くなったり、暑くなったりはっきりしない気候ですね。
今日は暖かくてもうすぐ春が訪れる予感がしました。

暖かくなると草木が芽吹き始めたり
動物たちが冬眠から目覚めたり
生命活動が活発になってきます。

その活動が、私たちに思いもかけない影響を与えている
一例を紹介します。

IMG_5550.jpg
IMG_5562.jpg

太陽光パネルのケーブルの被覆が何者かに剥がされ
銅線がむき出しになっています。

犯人は「ムササビ?」「イタチ?」
動物にくわしくありませんが
「げっ歯類」と思われる動物によるものでしょう。

さらにむき出しの線の周りには樹皮。

気が付くのがもう少し遅れていたら
ショートした際に散った火花が樹皮に移り
火事にになっていたかもしれません。

今回は未然に防ぐことができました。









posted by 株式会社プラス at 19:08| ご案内