2022年10月05日

購入満足度高、3選!!

こんにちは。

10月に入り、朝晩は涼しくてとても過ごしやすくなりましたね。

ただ日中は日差しに照り付けられると不快な暑さを感じるので、現場に空調服を持っていくかどうか毎朝考えながら出勤しています。


そろそろ空調服も出番が無くなると思いますが、今年の夏ほど空調服の有難みを感じた夏はなかったように思います。

今年新しく買い替えたのですが、以前のものよりバッテリーも長持ちして充電速度も2倍以上速くて、なによりパワーが全然違いました。

今までの空調服はあまり効果を感じることが出来なかったので買い替えることに躊躇しましたが、

猛暑の中で作業してくれている、みんなの負担を少しでも減らせたらという思いで買ってみて、本当に大正解でした。


工具など他にも買い替えたものはいくつかあるのですが、

その中でも私が満足している3選を紹介したいと思います。


まずは先ほど紹介した空調服です。

IMG_2740.JPG

これが無ければ、この夏は乗り切れなかったと言えるほど重宝しました。


続いてはインパクトドライバーです。

IMG_2738.JPG

これも似たようなものを持っていたのですが、最新のものに全員分買い揃えました。

以前のものより軽くて、パワーもあって、電池が長持ちするので、作業効率がかなり上がったと思います。

パワーが強すぎて慣れるまでは注意が必要ですけどね、、、


そして3つ目は作業車です。

スクリーンショット (118).png

新車で購入したので、装備も性能も以前のものより格段に良くなって移動も快適になりました。

見た目も今風でカッコいいですね。

納車されて半年くらいになりますが、まだ無傷なのでこのままキレイに乗ってもらいたいですね。


最後に番外編としてこちらも紹介したいと思います。

IMG_2741.JPG

事務所の机も買い替えたのですが、これまで紹介したものと違ってこれは性能というより価格と見た目に満足しています。

使い勝手も良くこの見た目で、一台10,000円。

コスパ最高でいい買い物でした。



「持っているから」「まだ使えるから」と買い替えを躊躇ったり勿体ないという感情はありますが、事務所の備品だったり電動工具や作業車も、やっぱり新しいものはそれなりに性能や使い勝手も良くて、作業効率や生産性の向上に繋がり費用対効果は得られるので、思い切ってお金をかけることも必要ですね。

なにより働いている皆のモチベーションがあがったり喜んでくれるのであれば、かけた費用以上の価値があると思っています。


会社の規模も小さく、私が2代目として会社を継いだばかりで不安定な状況の中で、

従業員皆の頑張りや貢献に、まだまだ十分に応えることは出来ていませんが、

出来ることから少しずつ改善に努めていき、皆にしっかり還元することができる。

そんな経営を目指していきます。


代表取締役  前場 智輝


                             

続きを読む
【社長ブログの最新記事】
posted by 株式会社プラス at 12:00| 社長ブログ

2022年09月28日

協力してはたらけばPLUSはtimesに

こんにちは工事部の今井です。

最近工事部では工事ラッシュで忙しい毎日です。

肉体的にハードな日々が続く時には毎朝晩プロテインを飲み
「肉体改造を行える良い機会だ。」と考えるようにしています。
そして休みの日が来たらはひたすら家に篭ります。
疲労が蓄積しているときの回復方法は人それぞれあると思いますが
みんなどのような方法で回復しているのか気になるところです。
案外、回復のために休息を設けるよりも、休みの日もアクティブに動いている方が健康的なのかも
なんてことを考える今日この頃です。

前述した通り、幸いなことにとても忙しい日々なのですが
その反面人材不足に悩んでおります。
「こんないい電気工事会社他には無い!」
とまでは言えませんが、良いチーム」であることは間違いないです。
先輩後輩関係なく、みんな協力的に動いてくれる環境ってなかなか珍しいのではないでしょうか。
働くことに関して前向きでいられることって普通かもしれませんが
個人的には貴重なことだと感じます。
前向きでいられるのは協力してくれるみんながいてくれるからに他なりません。

さて、今月紹介する本は

恋のゴンドラ 著:東野圭吾 全336頁


 IMG_5879.jpeg

業務部の武田さんが紹介してくれた小説です。

結婚目前の婚約相手「美雪」がいながら、合コンで出会った女性「桃実」と浮気。
スノボー旅行にこぎつけウキウキの「広太」が乗ったゴンドラには
まさか、いるはずのない「美雪」が。。!
という始まりから全7章の小話が連なります。
ゴンドラの中ではゴーグルやニットで完全防備されていて
一見誰だかわからないため、広太の葛藤が読み取れるのが面白いところです。
他にも「最高」のシチュエーションや「最悪」のシチュエーションが共感しやすい内容になっていて
サクサク読めてしまいます。

この本を紹介してくれた武田さんは業務部で主に経理を行っています。

IMG_5671.jpeg

気遣い上手で、取引先の方にも評判が良いと思います。
また仕事がとても丁寧で、細かいところにも気がついてくれます。
武田さんがもしゴンドラに乗っていたら、一瞬で広太であることに気がついたでしょう。
















































posted by 株式会社プラス at 12:00| ご案内

2022年09月21日

穏やかな空気感

こんにちは
業務部の水本です。


私は前期の全体会議で、1年間司会を務めさせていただきました。
全体会議とは、月に一度、社員全員が出席する会議の事です。

司会は、その会議をまとめ、議題を振っていく役割ですが、
社長に任命いただいた当初は、選んでいただいた事への感謝の気持ちの反面、
私に出来るのかという不安の気持ちの方がとても大きかったです。

そんな気持ちを抱きつつ、全体会議を迎えました。

最初は緊張で思うように声を張れず、
力を発揮することが出来ませんでした。

そんな中でも、わたしの小さい声にもみなさん笑顔で頷いてくれたり、
ツッコミのように言葉をかけてくれたり(笑)
その温かい空気感にどれだけ気持ちが和らいだか。

全体会議後も、社長と中川主任がフィードバックしてくださる時間があり、
今回の反省点や次回の目標を立てたりして、親身にお話ししてくださりました。

プラスのみなんさんは穏やかで優しい方ばかりです。

挑戦する前は、上手くいかないかもしれないと、
不安な事ばかり考えていましたが、
みなさんのおかげで、最後まで成し遂げることが出来ました。

みなさんがつくりだしてくれたその穏やかな空気感が、
わたしに自信をくれたと思います。

貴重な経験をさせていただきありがとうございました。

posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2022年09月14日

ぽくない職人

プラスには、現在職人が4名おります。


社長を含め、全員が元未経験者です。


営業職をしていたり、オーストラリアで生活していたり、教員をしていたりと様々です。


みな職人一本ではなく、他業種に勤めていた経験からか、荒々しい根っからの職人気質というものは全くありません。(昔ながらのthe職人の荒々しいカッコいいイメージには憧れはありますが)


今でも他の職人さんがたくさんいる大きな現場に入ると職人ってほんと怖そうな人が多いなーと思います。(実際は見た目と違って優しい人ばかりですが)


中川主任は、プラス全員が認める優しさと思いやりを持っています。ただ優しすぎるが故に、自宅にやってくる訪問販売の勧誘を断れずに困ってしまうというレベルです。笑


そして今井君は元教員とあって、人に優しく物事を教えることは大の得意分野です。ただなかなか後輩に恵まれず、元教員の本領を発揮できず、うずうずしております。笑


私は2人ほど優しさや思いやりに長けていませんでしたが、後輩に良い影響を受け、今では人並みの優しさと思いやりを身につける事ができました。笑


プラスでは、既築のお客様宅に伺い蓄電池を設置する作業したり、メンテナンスや保守点検にて訪問する業務も多いので、人と接する機会も多く、技術以外で人に対する優しさや、思いやりがとても役に立ちます。


プラスでは、現場作業未経験の方、人並み以上の優しさや、思いやりを身につけたい方。笑

一緒に現場に向かう仲間を喉から手が出る程、望んでおります。笑


プラスにやってくる新人さんは全員から漏れなく、手厚い指導が待っています。


是非、ご応募お待ちしております。


posted by 株式会社プラス at 12:00| ご案内

2022年09月07日

感謝を伝える会議

こんにちは、業務部の藤田です。

今回は、プラスで行われている会議の中でも
全員が出席する全体会議についてです。

今回の会議では、新しく入社してくれた
業務部の喜羽さんの紹介がありました。

新しく人が増えるのは嬉しいですね。
何より、みんなの雰囲気も少しソワソワしたり、
「初めまして、○○です」などという自己紹介が
社内で行われていて、いつもと違う空気が
事務所内に流れていたりします。

そんな喜羽さんへ、「入社ありがとう」と
社長からメッセージがありました。

数ある会社の中から、プラスを探してくれたこと
これから一緒にプラスを支えてくれること
プラスに新しい風を吹き込んでくれたこと

入社してからが喜羽さんは一番大変だと思います。
覚える事がたくさんあり、今までと生活スタイルが
変わったり。

仕事が上手にできる事も大切ですが、仕事の中に
楽しさや面白いと感じられる作業を見つけられれば
いいな、と思います。

ランナーズハイではないですが、事務職でも
ある作業に没頭して、とてつもない達成感を
味わえる瞬間があります。事務ーズハイ的な…
それを新しく入った喜羽さんが体感して、
「事務、面白い!」となる日が来るのが、
今の私の楽しみです。

↓↓この写真は、新しく喜羽さんが入るに当たって
社内を模様替えし、机や椅子を買い替えた時の作業風景です♪
IMG_3256.JPGIMG_3254.JPG


                          藤田

posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2022年08月31日

クリーンエネルギーの工事なら

こんにちは 工事部の今井です。

8月が終りました。
平日の昼間、家の庭にプールを広げている光景を見かけ
「夏休みかぁ。」と気付かされた記憶があります。
夏休み最後の日は大人になってもどこか名残惜しい気持ちになりますね。

話は変わり、この間会議の中で「プラスの強みってなんだろう。」というテーマで意見を交わした際
社員同士の関係性や、社内で取り組んでいることなど様々な声が集まり
改めてプラスの強みについて気付かされるところがありました。
その中でも技術的な面で「太陽光と蓄電池に特化している」という強みについて考えたいと思います。

住宅用太陽光発電が日本で初めて発売されたのが1993年らしいので、太陽光発電自体の歴史は約30年
そして急速に一般に普及したのは2009年以降、電力会社が電気を高く買い取ることを義務付けた制度の創設からと言われています。
一方、プラスが太陽光工事に携わり始めたのは前社長の時代で、20年近く前からです。
太陽光から始まり、蓄電池、最近ではV2Hと新しい技術を積み重ねてまいりました。
安心安全な工事はもちろん美観にもこだわりを持って施工しております。
過去ブログでも紹介しておりますので興味を持った方はご覧ください。


そしてそんな工事を影で支えてくれているのが業務の皆さんです。
今日は業務部の水本さんを紹介いたします。

IMG_3305.jpeg
水本さんは弊社最年少で事務職をいちから始め、お客さま対応やスケジュール管理等
多岐にわたって活躍してくれており、プラスになくてはならない存在です。
水本さんのブログの中でも紹介されていますが、ここ最近はソフトバンクホークス推しで
球場に足を運ぶほどのホークス女子と言うところが意外でした。
何気なく「麺類の食べ方」について会話した時の「パスタの食べ方」が斬新でとっても印象的でした。


水本さんもプラスで読書を習慣としている社員のうちの一人で
彼女が紹介してくれた本がこちら
IMG_4512.jpeg


「ぼく モグラ キツネ 馬」 チャーリーマッケンジー 川村元気 訳 

ビブリオバトルの中で紹介してくれた本で、5分間で紹介してくれた内容がとても心惹かれるものでした。
大人向け絵本のような内容です。
複雑な環境や感情をシンプルにしてくれるような絵本で
読んでいる時の状況によって捉え方が変化するような優しい一冊です。

















posted by 株式会社プラス at 12:00| ご案内

2022年08月24日

アフターメンテナンス


こんにちは、
工事部の中川です。


何かを購入し、しばらく使用したあとで
思いもよらない不具合が発生し困ったことって
誰しも経験のあることかと思います。

本当に大切に感じているものならば
もちろん修復したいと思いますよね。

購入後の保証やアフターサービスは
購入時にはなかなか気が回らないこともありますが(僕の場合)、
製造元の会社への信頼を左右するところかと思います。

早くて良いサポートをしてもらえたら、
きっとまたこの会社にしようと思うだろうし、

遅くて悪いサポートしかなければ、
もうこの会社ではやめておこうと離れていくかもしれません。


受ける側に立って考えると、
アフターサービスがきちんとしてくれている会社は
社会的にも信頼されている企業なんだと感じます。




弊社プラスはアフターメンテナンス業として、
京セラさんのサービス指定店をしております。

僕たちの働きの良し悪しが
京セラさんの評判にも繋がってきます。

だからこそ、日々の知識のアップデートや共有が大切です。
82919.jpg
「エラーがでている」

そう訴えるお客様からしたら解決してくれて当然と思う方もいるでしょう。
その信頼感に可能な限り応えてこそのサービス店です。

機器の不良なのか?
施工不良要因なのか?
それ以外の原因があるのか?

これらの複合の場合も考慮して、考える必要があります。

家の構造や使用方法、使用条件もお客様によって違ってきます。
アフターは想定外のこともあり得るので、
何もかも予定通りとはいきません。


これは難しいな…と感じる案件もありますが、
それは新しい経験と知識を積み上げるチャンスでもあります。

会社としても個人としても、
日々良い経験をさせてもらっていることに感謝して、
迅速で丁寧な作業を多く届けていきます!


posted by 株式会社プラス at 12:00| 京セラ

2022年08月17日

これって何だろう?そのC

こんにちは。
業務部の武田です。

お盆も過ぎ、少しずつ秋の気配が感じられるようになりました…と書きたいところですが、
立秋を過ぎたとは思えないほど、毎日残暑が厳しいですね。
今年は梅雨が極端に短かった分、夏が長く感じます。
まだまだ暑い日が続くと思いますが、熱中症にはお気をつけてお過ごしくださいね。


さて、前回に引き続き「これって何だろう?」シリーズ*
今回で3回目になります◎
今回ご紹介するのは、8月1日に弊社のインスタグラムに載せた動画
https://www.instagram.com/p/CgtIx0iD2LG/)に登場する「CVケーブル」について、
今井さんから色々と教えてもらいました!
今井さん、よろしくお願いします*

Q.「CVケーブル」は、主にどのような場面で使用するケーブルですか?
A.CVケーブルとは電線の種類で、耐候性に優れているため、
 屋外露出配線を行うことが可能です。
 蓄電池やパワコンの電源はこの配線がよく活躍します。
 (武田:蓄電池は屋外設置が多いので、耐候性に優れているのは有難いですね。)

Q.インスタグラムの動画では、被覆を剥いている動画を撮影されていましたが、
 どうして剥く必要があるのでしょうか?
A.機器に接続するための加工を施すため、接続部分を数センチ剥く必要があります。

Q.ケーブル内部の赤・白・黒色の線は、
 それぞれどのような役割を果たしていますか?
A.U相は赤、O相は白、W相は黒と、一般的に接続する箇所と色が決まっているため、
 誰が見てもわかりやすいように色分けされています。
 (武田:インスタグラムの動画では、ピンク・薄ピンク・黒色に見えますが、
     実際は赤・白・黒色に分けられているみたいです電球
     それぞれ接続する箇所に決まった色分けがされていると、
     作業する際分かりやすいですね。)

↓写真を見ると分かりやすいですね◎
IMG_1805.jpeg

Q.VVFストリッパーでケーブルの被覆を剥く時、
 力加減が難しそうに思うのですが実際コツがあったりしますか?
A.VVFストリッパーはその名の通りVVFケーブルの被覆を剥くためのものなので、
 動画の使用法は正しい方法ではありません。
 CVケーブルを剥く際に使用しない方がいいです。
 力加減を間違えると線を傷つけてしまう恐れがあります。
 (武田:そうだったのですね!初めて知りました。
     急遽ケーブルを剥く必要が出た際にVVFストリッパーしか手元にない時は、
     動画の使用方法でも応用が利くということですね!)
     

インスタグラムの動画を見て、
一本の電線の被覆を剥くと中に何本も線が入っていることにまず驚き、
今井さんのお話を聞いて、その線がそれぞれ役割を持っていることを知れて
たいへん勉強になりました。

今井さん、たくさん教えて下さりありがとうございました!
次回もどうぞお楽しみに*
posted by 株式会社プラス at 12:00| 業務部

2022年08月10日

お盆休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、弊社のお盆休業は下記日程で実施致します。

2022年8月11日(木)〜8月16日(火)

お盆休業中にいただいたお問い合わせにつきましては、

お盆休業後8月17日(水)以降にご連絡をさせて頂きます。


ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようよろしくお願い申し上げます。


暑い日々が続いておりますが、
皆様もお体にお気をつけてお過ごしください。 


                               武田
posted by 株式会社プラス at 16:40| ご案内

心の葛藤

気温的にはそれほど変わらないけど、体感としては年々暑くなってきている。

そう感じるのは私だけでしょうか。

スマホに通知される熱中症警戒アラートも毎日のことなので気にならなくなりますね。


こんにちは、前場です。


この時期は暑さもさることながら、ゲリラ豪雨など局所的に大雨が降るなんてことも頻繁にあり、外での作業はかなり厳しいものがありますね。


先日、工事の下見のため石川県まで行った話なのですが、

道中、大雨の影響で福井県を縦断するための道路がすべて通行止めになっていて、足止めを食らうトラブルに遭いました。

災害級の大雨だったようですね。


通行止めが解除されそうにもなかったので、滋賀県まで戻って岐阜県まわりの迂回ルートを選択し、結局6時間半かけて到着することができましたが、

残り150qが300qに増えることに何度も心が折れそうになりましたが、葛藤の末最後は覚悟を決めて迂回ルートを選択しました。


前日入りして石川県でゆっくり過ごす予定は崩れましたが、もともと前日入りせず当日行こうと思っていたので、前日入りすることに変更して逆に運が良かったなと思うことができました。

当日出発していたら、13時の約束には確実に間に合わずお客様や取引先の方にご迷惑をかけていましたからね。


下見も滞りなく終えて、無事に帰ってくることができて良かったです。


プラスの施工エリアは関西圏なので基本的に圏外の依頼は入りませんが、

今回の案件は取引先の方から「どうしてもプラスさんで」と仰っていただいたので、今回はお引き受けすることにしました。


小さくても世の中に必要とされる会社。

その考えを大切に日々努力しているので、

自社のスキルが評価され頼りにしていただけるのは何より嬉しいことです。


弊社の業務スタイルは、エンドユーザー様から直接ご依頼を頂くのではなく、

メーカー様や販売店様から工事を請け負っているので、

実際はエンドユーザー様宅の工事に入りますが、直接的なお客様は各取引先様になります。


だからこそ、施工やサービスで高いクオリティーかつ再現性の高さが必要になります。

一つ一つの現場が評価の対象になるわけですから、

日によって質が変わったり、人によってサービスが変わる。

それでは、プラスを信頼して頼りにしていただくことはできません。


信用を積み重ねることは容易ではありませんが、

プラスの技術、サービスを強みに、仲間と共にプラスの価値を高めていきたいと思います。



代表取締役  前場 智輝

IMG_1276.JPG


posted by 株式会社プラス at 12:00| 社長ブログ